まずは自分の立ち位置を客観的に見定めよう。

40代と言えば、会社の中では課長や部長などの方が気がつき、ビジネスパーソンとして最も脂が乗ってくる年代になります。

人によっては活躍次第で取締役等の役員の地位が視野に入ってくるかもしれません。経験も知識も豊富で、直属の部下ばかりではなく、若い社員たちからも頼りにされていると言う人も少なくないでしょう。

しかし、40代と言うのは実は危険な年代でもあるのです。

40代は役職手当なども含めて給料が高く、会社からはコストの高い人材として見られてしまいます。

つまり40代の人材は会社から、高い給料に見合うだけの仕事をしているのかどうかや、将来、会社の幹部として残したい人物なのかどうかと言うのを厳しい目で見られてしまうのです。

昔の終身雇用、年功序列時代とは違って、こんにちは多くの会社が成果主義、実力主義の人事になっており、定年まで安泰に過ごせるような会社はほとんどありません。

経営者は、社員に対する思いやりの姿勢を見せますが、本音のところでは、社員=経費と言うのが現実であり、どうしたら人件費を節約できるかと言うことに腐心しているのです。

そして最も人件費が高いのが40代および50代のゾーンなのです。

20代位から入社して、年々給料が上がっていき、ボーナスも高くなり、40代の社員は最も給料が高くなることが多いです。

一旦高くなった給料を下げるのはなかなか難しく、会社にとってはその人件費を節約することを必死で考えているのが厳しい現実です。

会社としては人事コンサルタントや、社会保険労務士などの専門家に相談して、40代や50代の社員の給料を下げたり、人件費を削減することに頭を使っています。

要するに何が言いたいのかと言うと、40代や50代で会社の役職がついているとしても、一刻も気を抜くことができない不安定な時だということです。

いつ会社から解雇をつけられてもおかしくありませんし、給料を下げられたりリストラに遭うこともおかしくありません。

そういったリスクに備えられるのが資格なのです。その会社だけで通用するものではなく、どこの会社に行っても通用するのが国家資格なのです。

資格より実務の方が大事だと言う人がいますが、確かに現実はそうなのですが、資格社会のこの日本ではやはりなんだかんだ言って資格を持っている人の方が優遇されることは間違いありません。

今からでも遅くありません。何歳からでも資格を取得することができますし、合格することで大きな自信につながります。

その資格を取って何かをすると言うことよりも、合格することで自分の自信を取り戻すと言うことが何よりも大事なのです。

幸いなことに日本には無数の資格があります。日本で取れる資格の一覧がここで調べられます。

ぜひ、一度自分に興味のある資格がないかをチェックしてみて、もし見つけることができれば挑戦してみる事をおすすめします。